歯医者

インプラント治療は悩まずに相談【名医なら安心美歯治療】

歯の健康を守る人々

発展する街と医療

歯

三田市は兵庫県の内陸部、六甲山系の北側にある市で、江戸時代は城下町として栄えました。市制が施行されたのは昭和33年のことで、当初の人口は3万人ほどでしたが、北摂ニュータウンの開発を期に、急速な発展を遂げていきます。昭和63年からは10年連続で、日本一の人口増加率を誇りました。三田市で最初の歯医者が開業したのは明治9年頃で、日本でも2番めの歯科医師だったと言われています。現在の三田市には約50の歯科医院があり、約60名の歯科医師が勤務しています。市では協力医療機関と連携して、市民の歯の定期検診を実施しています。また8020運動の推進、乳幼児健診や学校検診、マタニティー教室などの活動にも取り組んでいます。

予防医療に力を入れる

三田市の人口は現在では横ばい傾向にあり、市民の半分以上はニュータウンに居住しています。したがって歯科医院も多くはニュータウン近辺に位置しており、他の地域で急激に増えるとは考えられません。成熟した都市の歯科医療として、今後は虫歯や歯周病の予防が中心になっていくと予想されます。子どもの歯の検診はもちろんですが、高齢化の進行に伴って高齢者・要介護者の検診も重要になってきます。三田市でも、こうした活動に力を入れる歯科医院が増えています。また長年にわたり訪問診療を実施している歯科医院もあります。インプラントやホワイトニングなどの新しい治療だけでなく、地域に密着した地道な診療が、これからは重視されるでしょう。