歯医者

インプラント治療は悩まずに相談【名医なら安心美歯治療】

親知らずが痛いときは

親知らずはこちらがお勧め

歯

みなさんは、親知らずを抜いたことはありますか。または、現在親知らずが痛んで困っているということはないでしょうか。親知らずは、あるとき突然、目を覚ましたかのように痛み出すことがあります。しかし親知らずの抜歯は痛いというイメージが強いため、しばらくは我慢してしまう人も多いことでしょう。それでもあるとき我慢の限界を迎え、そこで初めて病院に行こうと重い腰を上げる人が大半です。しかし、近所のかかりつけの歯科医に行くと、多少やっかいな親知らずの場合は、リスクが大きいからと大阪の大学病院などを紹介されてしまうことがよくあります。それでは出かけていくのもなかなか大変です。大学病院では、外来患者は午前中しか受け付けていないところもあるからです。そこで、親知らずが痛んだときは、はじめから大阪の口腔外科を受診することをおすすめします。口腔外科は、口の中における外科手術のプロフェッショナルです。したがって大阪の口腔外科でなら、初診から施術まで一貫して診てもらうことができるのです。

患者は増加傾向

親知らずは、根元からまっすぐに生えてくればさほど問題にはなりません。実際、周りの人に尋ねてみれば、病院に行かずに自然に生えるままにしたという人もいることでしょう。しかし、隣に生えている歯に邪魔された形になって出てこれなかったり、無理に斜めに出てきてしまったりする親知らずも多いのです。現代は昔に比べれば、硬いものを噛むことがめっきり少なくなっています。たとえば平安時代には、人々は硬い木の実を普通に毎日のように食べていました。今ではご飯は精製された白米で、パンも同様に精製された小麦を使った柔らかい仕上がりになっています。ふんわりと柔らかいというのが、食品に関してはほめ言葉になっているのです。高齢者にとってはよいのですが、子どもや若者の場合は問題です。現に、今の若い世代はあごの発達が弱く、ほっそりとしています。それも小顔として好まれる傾向がありますが、あごや歯のためにはよいとはいえません。狭いあごでは歯が十分にスペースを確保できないのです。そのようなわけで、今後とも親知らずに悩む患者数は増えることと予想されます。奥歯に痛みや違和感を感じたら、すぐに大阪の口腔外科を受診しましょう。